化粧品の買取はバレるの?査定員が解説いたします

化粧品の買取はバレるの?

化粧品を売りたいけれど踏み出せない方へ、化粧品の買取で不安に感じられていることを解消するため、経験豊富な女性査定員の田原が「化粧品の買取はバレるの?」について、解説させていただきます。

化粧品の買取とは

化粧品の買取とは

「つい衝動買いをしてしまった」

「定期購入をしているがお肌に合わなくなってしまった」

「プレゼントでもらったけど使っていない」

「在庫を抱えて困っている」

など、お困りの理由はさまざまでが、

使われていないままの未使用の化粧品を現金と引き換えに買取店に売ることができます。

お取引時の身分証明の確認について

お取引の際には、古物営業法に基づき、運転免許証、健康保険証、住民票などで身分証明書を確認することが法律で義務付けられております。

そのため、売った人は誰なのか、「化粧品の買取はバレないの?」と不安に感じられる方が多くいらっしゃいます。

化粧品の買取はバレるの?

結論から申し上げますと、化粧品を売却していただいたお客様の情報がバレるようなことはございません。

下記の場合を除き、個人情報を第三者に開示することは一切ございません。

警察、裁判所より盗難品、横領品の疑いで開示要請があった場合は、個人情報及びご利用履歴を開示させていただきます。

もちろん、当店コネクトコスメでは、盗難品や横領品などのお買取は行っておらず、また個人情報につきましても、厳重にお取り扱いしておりますのでご安心下さいませ。

転売禁止商品がございます

商品によっては譲渡、転売を禁止している場合がございます。

その場合、譲渡、転売を目的に購入することはできませんので、販売会社の利用規約をご確認下さい。

フリマアプリでの転売について個人情報はバレる?

近年フリマアプリなどで気軽にモノの売買ができるようになっております。

便利になった分、お取引におてい注意をしておきたいのが個人情報です。

フリマサイトにより異なりますが、多くの場合、売買が成立した際に出品者、購入者共に、個人情報が開示されてしまいます。匿名配送などを設けているフリマサイトもございますが、見知らぬ人に個人情報を開示することに抵抗がある方も多いと思います。

個人情報が開示されることから、転売が禁止されている商品などを販売している場合は、個人が特定されてしまうでしょう。

また流通ルートを特定されないように、商品に記載されている製造番号やロット番号を削除して販売することは医薬品医療機器法違反となります。

このようなリスクを負わず、化粧品を現金化するには、化粧品の買取店をご利用することをおすすめいたします。

おすすめの化粧品買取店の選び方

化粧品の買取を行っているお店は昔に比べかなり増えました。

そのため、リサイクルショップや買取店など、どのお店を選べがいいのか迷ってしまいますよね。

化粧品の買取専門店とうたっているお店も、実は家電やカメラ、パソコンなど違う商品も取り扱っており、査定員は男性スタッフが担当しているところも多いのが現状です。

大好きな化粧品を泣く泣く手放す状況の方もいらっしゃいます。化粧品が好きだからこそ、化粧品を安心して売るために、まずは【失敗しないための化粧品買取店の選び方】をご覧ください。